飼っているペットの名刺について

大好きなペットの名刺を作って人間関係に役立ててみましょう

この画面は、簡易表示です

可愛いペット名刺で交流を深めましょう

様々な分野の事業で多様化が進む昨今、印刷業界におけるペット文化の流入も例外ではありません。近頃では、愛犬や愛猫を通じた地域交流やコミュニティの発展で、飼い主本人のみならず、ペットの名刺も作ってしまおうという文化が形成されつつあるのだとか。元来がオリジナルデザインとして発展してきた土壌に新たに芽吹き始めた市場は、今後どのような進化を遂げてゆくのか楽しみなところですね。
今ではオーソドックスな長方形だけではなく、素材や形にもこだわった多様なデザインが見られるようになり、交流の場では競うように次々と新しく可愛らしいデザインが生み出されているようです。豊富なテンプレートを用意した専門業者が現れるなど、今後もしばらくは目を離せないジャンルになりそうですね。

愛猫や愛犬にも自己紹介が必要な時代

ネット検索で見てみると、意外なほどに動物向けのデザインがヒットすることに驚くことでしょう。つまり、現代では飼っている愛犬や愛猫のためにも名刺を作るのが一般的になりつつあるということです。自己紹介を必要としているのは飼い主だけではないということが、これでお分かり頂けるのではないでしょうか。
作成例やテンプレートを見てみると、名前や生年月日、品種だけではなく、飼い主の住所や連絡先、その子の性格まで記されている場合があります。最初は些か不思議な気もしますが「人見知り」や「少し吠え癖があります」などの性格表記を見れば、それが他所の愛犬と自分の愛犬の交流の際に役立つことがわかります。人間とは違い、言葉でのコミュニケーションが難しい動物だからこそ、これは有用な手段と言えるのかも知れません。

デザインで飼い主の個性や好みを知ることもできる

いざ作成しようと思って専門のサイトでテンプレートを探すと、あまりのデザインの豊富さに目移りしてしまうのではないでしょうか。スタンダードな長方形の用紙に可愛いデザインが施されたものから、布やプラスチックを使った変わり種素材、愛犬や愛猫の形に切り抜いたプレート型など、実に多くの種類を見ることができます。これだけ多様なデザインの中から選び出されたものですから、交換したペット名刺は飼い主さんの趣味や嗜好、個性を推し量る判断材料にもなりますね。
近頃はこうした交流を通じて生涯の親友やパートナーになる方との出会いを経験される方もおられるほど、コミュニティは広がりを見せています。交換したカードのデザインや内容を見て、お相手の嗜好や個性の傾向を知ることができるのも嬉しい要素のひとつなのではないでしょうか。





top